さまざまなサービス

メイク

エステの歴史と今日までの流れ

日本でのエステの歴史は明治時代からで今でいう美容院からスタートしました。 それも今のような特別に施術をするものではなく髪を切ったり整えたついでに顔のマッサージなどのサービスとしてあり、男女どちらにも施術されていました。 その後マッサージを主な施術として美顔術が人気となりました。 しかし、現在は専門学校に通ってエステシャンになる人が多いのですが、特に公なものとして必要な資格はなくメーカー独自で作って認めたものやエステシャンを養成する学校で独自に作った資格を持つことで実際にサロンに勤務して施術をしながら技術も身につけていくというのがエステシャンになる方法です。 つまり、昔から変わらないのは特に持っていなければならない資格がないという所です。

今後はどのようなサービスがされるのか

最近はますます健康や環境に興味を持つ人が増えてくるため安心で安全な施術をしてくれるエステが要求されてきます。 そのために地球や環境に優しいものを素材としたものを利用し、環境に悪いものを排出しないようなものを使ってマッサージや脱毛などをしてくれるサロンが増えてくるでしょう。 また、現在も女性だけでなく男性のお客様がありますが、エステというとどうしても女性のイメージがまだまだ強いので今後は男性にも浸透していき一つのサロンで男性でも女性でも気軽に入っていけるサロンが増えていくでしょう。 しかし、エステは肌を出すことが多いので温泉のように受け付けは同じでも男性と女性が中で左右に分かれて入っていき施術をしてもらうため中で別々になるのは今と変わらないですね。